ブログやるならJUGEM
last entry category archives profile
comment admin
material by 空に咲く花
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.05.29 Tuesday -




cable cast-onで輪編み

今の時代、インターネットを使うとたくさんの編み物パターンを目にすることが出来ます。
もちろん日本のものだけでなく、海外のものでもRavelryなどを利用することによってそれこそ一生かかっても編みきれないくらいのパターンを手に入れることも可能です。
ただここで問題になるのが海外のパターンは日本のものとおおいに違うということです。
言語が違うのはもちろん編み方(編み図)の表示方法も違います。

さて、英語のパターンではよくcast on ○stsと書かれる作り目ですが、英語のパターンではどの方法を使って、の指定がないことが多いです。(日本では親指の〜や共鎖で〜などがありますよね)
つまり作り目の方法は編み手が自分で決めることになります。
実際、英語の棒針編みのチュートリアルなどでcast-onの方法を調べるとたくさんの方法を見ることができます。

そのなかの一つにcable cast-onという方法があります。(やり方は調べるとたくさん解説されているHPが出てきます)
cable cast-onは伸縮性がある作り目の仕方なのだそうです。(ということは手袋や靴下、帽子などに使えるはずです)
しかし現在、帽子を編んでいるのですが作り目にcable cast-onを使おうと解説サイトの通りに作り目を作りました。すると、ある問題が出てきたのです。
それは輪編みにする方法が分からなかったのです。

例えば親指で作る作り目だったら

このように表面を内側にした場合、一つ目の作り目が左側に最後の作り目(糸玉へつながっている糸)が右側になっています。
この状態ならばうまくつないで輪編みを始めることができます。
しかしcable cast-onを普通に(右側の針を操作して左側の針に目を作っていく方法)をするとこのように(下の写真は分かりにくいですが)

左側に最後の作り目が、右側に一つ目の作り目がきてしまいそのまま編むと一段目は普通のまっすぐ編みをしてしまうことになり輪編みになりません。
どうにかcable cast-onで輪編みが出来ないものか?と考えたところ思いついたのが、左の針で目を作るということ。
作り目の状態が左右逆になるなら、作り目をするときに左右の針を入れ替えたらいいじゃないかと考えたのです。つまり左の針を操作して、右の針に目を置いていくということです。

こんな感じで左の針を右の目と目の間に入れ表目を編むようにしていきます。
右手で糸を左の針に巻き(アメリカ式のような感じです)糸を引きぬいて右の針にかけます。


目を作った状態がこちら。
左に一つ目の作り目が、右に最後の作り目がきています。


つないで輪編みの状態にしました。

もっと良い方法がありそうですがわたしには思いつきませんでした。
目を作り終えた後に考えたのは裏目の作り目をするように(knitted cast-onとcable cast-onがとても似ているので)裏目のcable cast-onをしても同じ作り目が出来るのではないか?と考えましたが実験するまでの気力がありませんでした。
あとわたしはフランス式で編んでいるのですが、今回でアメリカ式のような糸のかけ方にも少し慣れました(左針で編むのもけっこうすぐ慣れます)。

調べ方が悪かったのかcable cast-onで輪に編む方法が見つからなかったのでメモです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
テーマ:編み物
 

2011.05.10 Tuesday comments(0)




準備完了&染めのその後

 メリノシルク100g、撚り止めをして毛糸玉にしました!
これで編む準備は完了です!
今回初めて100gを一気に紡いだのですが(今までは50g×2でアンデスプライにしてました)、なかなか大変です。
わたしもともと飽きっぽい性格なので、同じ作業をずっと続けるのが苦手なのです。
50gはちょうど良いか飽き始めるくらいで、大丈夫だったのですが100gはちょっと大変でした。
毛糸玉にするのも手で巻いているので腕がだるくなってしまいました。
100gは当たり前ですが、50gの二倍手間と時間がかかるんですねえ。

さて以前染めた紅茶染めとハイビスカスティー染め(結局は食品着色料染めになったのですが)、メリノシルクの紡ぎが終わったので、紡ぎはじめました!
紅茶染めと食品着色料染め(二つともモヘア)とメリノ白を混ぜることに。
さて結果ですが、食品着色料染めのピンクが強いように思います。
あと混色が完璧ではないのか、ピンクの色ムラのせいか、糸の方も色ムラがあるように思います。
ただこれが手紡ぎ!ということであまり気にせず行こうと思います。
編んだらまた印象が変わるかも、ですしね。
なるべく太さも均一になるように気をつけているのですが、やっぱりときどきは太さが変わってしまいます。
でもメリノシルクでもそうだったのですが、双糸にして撚り止めするとそんなに気にならなくなる気がします。

2011.05.08 Sunday comments(0)




手袋と


手袋が完成しました!
パターンはラベリーからダウンロードしました。
糸はポッサムメリノ(薄茶色)と自分で紡いだアルパカメリノ(焦げ茶色)です。
初めてのフェアアイル(技術の方)を使ったのですが、テンションが難しかったです!
ところどころきつくなってしまったところが何箇所も……
親指を入れる部分もきつくなってしまってうっかり親指が入らない!なんてこともありました。(ブロッキングしたときに伸ばしました……)
編み物する人にとっては信じられないでしょうが、無精者のわたしはゲージを確かめることなく手袋を編んだのです。
今まではまっすぐの棒針編みしかしたことがなく、それでは大きくサイズが変わらなかったので輪編みでも同じだと勝手に思い込んでいました。
輪編みではゲージのサイズが変わるのですね……これからはきちんと確かめたいと思います。

そしてもう一つ完成といか終わったものがあります。それは
メリノシルク100gを紡ぎ終えました!
これは双糸にし終わったところです。今回は糸が白いのでアンデスプライにすると、手の汗や汚れが移るのではないかと心配になったので50g×2を紡ぎ、かごを使って撚りあわせました。
これがまた大変でした……糸を引き出しすぎて絡まるわ(何回解いたことか)、撚りが甘かったのか糸が切れるわ、二つの糸の長さが大きく違うわで大混乱です。
糸の長さが違うのはもったいないので(笑)、無理やりつなぎ合わせてしまいました。
あとは撚り止めをして毛糸玉にすれば、帽子を編み始めることができます!
撚り止めの際ですが、洗剤を入れたら汚れが落ちますかね?
汚れを防ぐために二玉を撚りあわせたのですが、結局糸を解くときにべたべた触ってしまったので結構汚れてしまった気がするのですが……
ちょっと試してみようと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へにほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
テーマ:編み物
 

2011.05.06 Friday comments(0)




ハイビスカスティー染めその後

 一晩、モヘアをハイビスカスティー染液に浸しておきました。
今朝、毛の染まり具合をチェックしてみると……染まってませんでした。
わたしはピンク色に染めたいんだ!ということで今度は食品着色料で染めてみることに。

使ったのはコチニール色素が使われている食品着色料。
これでモヘアを染めると……
ピンク色に染まりました。
ただ実際の色と写真の色はだいぶ違っていて写真の色は青みが強いように思います。
残念なのは色ムラが出来てしまったことと、フェルト化とまではいかないけれど毛がくっついてしまった部分があること。
やっぱり三度も染めたからでしょうか。
ただ色は気に入っています!

2011.05.03 Tuesday comments(0)




なんちゃってハイビスカスティー染め

 行き当たりばったり染め第二弾です。
今回はハイビスカスティーを使いました。

この数日、紅茶染めしたモヘアを何に使おうか考えていて、ふと紅茶染め+白+薄いピンクを混ぜたら可愛いんじゃない?300gと量も増えるし編めるものも増えるし、と考えました。
そして早速、白メリノと白モヘアをそれぞれ100gずつGET。
メリノを染めるのはちょっと怖いのでモヘアをハイビスカスティーで染めようと考えました。

スーパーに行ってハイビスカスティーのティーバッグとお酢を買いました。
お酢は色止めに。

家に帰ってこの前のようにモヘアをハイビスカスティーで染めると……染まらない。
お湯に色は綺麗に出ているのですが、毛をお鍋からあげると染まっているようには全然見えないのです。
そこでもう一度、染めなおしてみることに。
今度は色止めに塩を使ってみました。
現在は放冷待ちです。一晩付けたら色がもうちょっと毛につくかなぁ……?
フェルト化はしないとは思うのですが…

これで駄目だったら食品着色料で試してみようかな?
あんまりきついピンクは嫌なんですが。

2011.05.02 Monday comments(0)




悩み中

 昨日染めたモヘアをどうしようか悩み中です。
今はほぼ乾き、色も濡れた状態ではないので昨日と比べると少し薄いですが(濡れていたので)わたし好みの色となりました。

さてこのモヘアでいったい何を編もうか……?
この紅茶染めしたモヘア、約100gあります。ただ草などの余計な物がまだ残っているのでそれを取り除くと100gないと思います。
100gで編めるもの、なかなか少ないように思います。
思いつくのは手袋やアームカバー、帽子などでしょうか?
ただ手袋はつい昨日編み終えたし(また後日ブログに載せます)、アームカバーも編んだものがあります。帽子なんかは今、メリノシルクで帽子用の糸を紡いでいる真っ最中です。
もともとこのモヘアは色々な毛の違いを楽しみたいと、お試し用に買ったものなのです。
だから100gしか買いませんでした。
初心者+スピンドルなのでたくさん毛を買っても紡ぐのに時間がかかるので、たくさんの毛を買うのは……
ただ紡いだからには作品にしたいのです。
それで考えたのは別の毛を混ぜる。オフホワイト色などだったら薄いベージュ色になるだろうし、50%にしても200gになります。
そうしようっかなぁと考えていたのですが、デザインの違う帽子も編んでみたい気がするし…200gでなにを編むかも考えていないんですよね。
200gあれば、編める作品の幅も広がるとは思うのですが……
あー、悩むなぁ。

2011.04.30 Saturday comments(0)




なんちゃって紅茶染め

 他の方のブログを見ているうちになんだかわたしも……染めたいという気分になってきました。
もちろん、初めてなのできちんとした道具や機材は一切なし。
草木染めも楽しそうだし(実際栗の皮なども今あるのですが)、お手軽なのは紅茶染め。
ということでチャレンジしてみました!

紅茶は家にあったティーバッグ。色止めには塩を使いました。
お酢でもいいみたいなのですが、あいにく家にお酢はなかったです……
そして染めるものは以前に買ったアンゴラ山羊100gです。白もいいけど、ちょっとした気分転換に違う色も試したくなったので。

色々なHPやブログを見て、本っっ当に行き当たりばったり、深く考えずにやってみました!
アンゴラ山羊ってフェルト化するの?とおっかなびっくりでしたが……

手順はこうでした。
まずは毛をぬるま湯にしばらく浸しておきます。(色ムラがなくなるそうです)
その間にお湯を沸かし、そこにティーバッグを投入。
紅茶が出てきたら火を止めて、冷まし始めます。
そしてぬるま湯に浸していた毛を投入。
その様子がこちらです。

残念なことにうちにはスパゲティ鍋や寸胴鍋がないので普通の大きめのお鍋を使いました。
塩を投入して少し、かき混ぜ。
あとはお湯が冷めるまでじっと待ちます。

お湯が冷めたら、流水で毛を洗います。毛から色水が出なくなるくらいまで洗いました。
あとはタオルなどで乾かして乾燥待ちです。


これは水で洗った直後。
なかなか綺麗に染まったかな〜と思います。初めて&適当にしてはいい色合いですよね。
この毛を紡ぐのが楽しみです!なにを編もうかな?

2011.04.29 Friday comments(0)




ラベリー

 Ravelyが楽しいです。
もっぱらパターン探ししかしていないのですが、色々なパターンがたくさんあってすごいです。
わたしは無料のものしかチェックしていないのですが、それでも一生かかっても編み終えないくらいのたくさんのパターンがあります。
Ravelyにあるほとんどのパターンは英語で書かれているのですが、最初からわたしは英語で棒針編みを始めたので今のところ問題はないです。
逆に日本の編み図の方がややこしい気がします。
英語は書かれているとおりに編んでいけばいいのですが、日本の編み図は表から見たものが書かれていて、マフラーとかの平編のときはそれを裏面バージョンに直して編まないといけないからです。
わたしは今、紡ぎ、編みを並行してやっているので編みたいパターンだけがどんどん貯まっていきます。
パターンをプリントアウトして、ファイルしているのですが中々に分厚くなっていっています。
おそらくインターネットをするほとんどのKnitterはRavelyをやっているのでしょうが、おすすめです!

2011.04.21 Thursday comments(0)




こんどこそ

ビフォー
こちらがビフォー。
ちょっとぐねぐねしていますね。

アフター
こちらはアフターです。
こちらはほぼまっすぐ。乾かした後なのであとはねじりかせか、糸玉にすればOKです。
これで何を編もうかな?50gないので小物しか出来ないと思うけれど…
まだ全然決めていないので、リサーチしようと思います!

そして今はあらたにメリノシルクをレース糸ではなくもう少し太めの紡毛糸に紡いでいます。100gあるので紡いだら帽子にしようと考えています。
何に使おうかな、紡ぎ終えたら編み始められるな、と考えるだけでワクワクします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
テーマ:Hand Span

2011.04.17 Sunday comments(0)




季節に逆らい

 今、手袋を編んでいます。
編みたいと思ったものは季節に関係なく編まないと、気持ちが変わってしまうので。
さすがに真夏ではウールに触りたいとすら思わなくなると思います。

色はルームシューズとほぼ同じ。薄茶色部分の糸をメインにしています。
それにアルパカメリノの焦げ茶色で模様(フェアアイルっぽい)を入れていっています・
パターンはラベリーから。
五本指手袋を編むのは初めてですが、今のところ特につまづくことなく編めています。

しかしラベリーには素敵なパターンがたくさんあります。(しかもフリーで!)
世界中の人が参加しているので基本は英語なのですが(パターンも英語)、インターネットのおかげで英語のパターンの読み方も分かるし、分からないところは手助けサイトがいっぱいあるので非常にありがたいです。
一つ可愛い靴下のパターンがあったのですが、ノルウェー語?でした。
さすがにそれは読めません……


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ

2011.04.14 Thursday comments(0)




<< 2/4 >>
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.