ブログやるならJUGEM
last entry category archives profile
comment admin
material by 空に咲く花
template by xxx
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.05.29 Tuesday -




綿の種

 ゴールデンウィーク直前に頼んだ綿の種が「ひつじや」さんからゴールデンウィーク明けに届きました。
和綿で大島種だそうです。
種を蒔く時期は5月の暖かくなってきたときから、なので今の時期にぴったりです!
今週末に土やプランターの準備をしようと思います。
上手く育って、秋〜冬ごろにはたくさんの綿が採れると嬉しいです。
綿を紡いで何を編もうかな、と今からずっと先のことを考えてしまいます。

レース糸ですが、なぜかある時から糸がうまく鉤部分にひっかからず、外れてしまうということに。気分良く紡いでても落ちる。気を取り直してまた紡ぎ始めてもすぐ落ちる。
なぜなんだろう?今まではうまくいっていたのに…
彫刻刀で溝を深くしても落ちる。ただなぜか逆向きにひっかけると落ちずにスムーズに紡げるのです。ただ糸を棒に巻いている向きと逆なのでひっかけにくいのが問題です…

2012.05.09 Wednesday comments(0)




一安心

 以前染めたモヘアをメリノと混ぜあわせてものを100g紡ぎ終えました。
全部で300g紡がないといけないのでようやく1/3終わりました。
時間がかかるのはカーディングに時間がかかるから。
ハンドカーダーでは一回に少ししかカードがけできないし、ピンクモヘアをほぐすのに手間取るからです。

双糸に撚りあわせ、撚り止めを……
ただお湯につけて撚り止めをする方法では染めた色が落ちないかと不安だったので、糸のはしっこを少しだけ切って、お湯につけて色落ちしないか確認しました。
長めにつけても色落ちしなかったので、お湯につける方法で撚り止めすることに。
お湯を60度くらいにして、撚りあわせた糸をつけました。
それでもちょっと不安だったのですが、無事色落ちすることなく撚り止めすることができました。

そして今は新しい編み物を始めています。
始めての自作パターンで帽子を編む予定です。
オリジナルといっても今あるものをつなぎ合わせたようなものですが、試行錯誤色々考えるのは楽しいです。可愛いく出来上がるといいな。

2011.06.03 Friday comments(0)




準備完了&染めのその後

 メリノシルク100g、撚り止めをして毛糸玉にしました!
これで編む準備は完了です!
今回初めて100gを一気に紡いだのですが(今までは50g×2でアンデスプライにしてました)、なかなか大変です。
わたしもともと飽きっぽい性格なので、同じ作業をずっと続けるのが苦手なのです。
50gはちょうど良いか飽き始めるくらいで、大丈夫だったのですが100gはちょっと大変でした。
毛糸玉にするのも手で巻いているので腕がだるくなってしまいました。
100gは当たり前ですが、50gの二倍手間と時間がかかるんですねえ。

さて以前染めた紅茶染めとハイビスカスティー染め(結局は食品着色料染めになったのですが)、メリノシルクの紡ぎが終わったので、紡ぎはじめました!
紅茶染めと食品着色料染め(二つともモヘア)とメリノ白を混ぜることに。
さて結果ですが、食品着色料染めのピンクが強いように思います。
あと混色が完璧ではないのか、ピンクの色ムラのせいか、糸の方も色ムラがあるように思います。
ただこれが手紡ぎ!ということであまり気にせず行こうと思います。
編んだらまた印象が変わるかも、ですしね。
なるべく太さも均一になるように気をつけているのですが、やっぱりときどきは太さが変わってしまいます。
でもメリノシルクでもそうだったのですが、双糸にして撚り止めするとそんなに気にならなくなる気がします。

2011.05.08 Sunday comments(0)




悩み中

 昨日染めたモヘアをどうしようか悩み中です。
今はほぼ乾き、色も濡れた状態ではないので昨日と比べると少し薄いですが(濡れていたので)わたし好みの色となりました。

さてこのモヘアでいったい何を編もうか……?
この紅茶染めしたモヘア、約100gあります。ただ草などの余計な物がまだ残っているのでそれを取り除くと100gないと思います。
100gで編めるもの、なかなか少ないように思います。
思いつくのは手袋やアームカバー、帽子などでしょうか?
ただ手袋はつい昨日編み終えたし(また後日ブログに載せます)、アームカバーも編んだものがあります。帽子なんかは今、メリノシルクで帽子用の糸を紡いでいる真っ最中です。
もともとこのモヘアは色々な毛の違いを楽しみたいと、お試し用に買ったものなのです。
だから100gしか買いませんでした。
初心者+スピンドルなのでたくさん毛を買っても紡ぐのに時間がかかるので、たくさんの毛を買うのは……
ただ紡いだからには作品にしたいのです。
それで考えたのは別の毛を混ぜる。オフホワイト色などだったら薄いベージュ色になるだろうし、50%にしても200gになります。
そうしようっかなぁと考えていたのですが、デザインの違う帽子も編んでみたい気がするし…200gでなにを編むかも考えていないんですよね。
200gあれば、編める作品の幅も広がるとは思うのですが……
あー、悩むなぁ。

2011.04.30 Saturday comments(0)




こんどこそ

ビフォー
こちらがビフォー。
ちょっとぐねぐねしていますね。

アフター
こちらはアフターです。
こちらはほぼまっすぐ。乾かした後なのであとはねじりかせか、糸玉にすればOKです。
これで何を編もうかな?50gないので小物しか出来ないと思うけれど…
まだ全然決めていないので、リサーチしようと思います!

そして今はあらたにメリノシルクをレース糸ではなくもう少し太めの紡毛糸に紡いでいます。100gあるので紡いだら帽子にしようと考えています。
何に使おうかな、紡ぎ終えたら編み始められるな、と考えるだけでワクワクします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
テーマ:Hand Span

2011.04.17 Sunday comments(0)




紡ぎ終わり


アルパカメリノ50g、紡ぎ終えました〜
これでアルパカメリノは計100g紡いだことになります。
もともと100g買ったので、アルパカメリノはこれでおしまいです。
一つ、紡ぎ前の在庫が減ったのが嬉しいです。
次から次へと新しい繊維が欲しくなるところですが、(メリノ100%とかアンゴラとかシルクとか綿とかバンブーとかetc)これからはまだ紡ぎ終っていない物、また紡いだ糸の消費に励みたいと思います。

さて一晩このまま置いて、明日アンデスプライで双糸に仕上げたいと思います。
今度こそ撚り止め前と撚り止め後を比較したいので写真を撮り忘れないようにしたいと思います。
次はメリノシルクのレース糸をどんどん紡いでいかないと。
メリノシルクはまだあるので太めに紡ぐのも良いかも。
アンゴラ(ヤギの方)も買ったのでそちらもどうするか…編むものを決めて糸を紡ぐことを始めたいです。
糸の太さってどうやって決めたらいいのか…
例えば帽子が編みたいと思って編み図を探してそこで使われている毛糸の太さ(と長さ)から逆算できたらなぁ。あと、双糸にして撚り止めしたら太さも変わる気がするし…難しいです。やっぱり経験なんでしょうか。

ずいぶんたくさん紡いだ気がするのですが今まで紡いだ量はおそらく300gくらい。
どこかに数kg紡いだらコツが掴めてくると見たことがあるのですが、…1kgどころかその半分の500gも紡げていません。先は長そうです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
テーマ:Hand Span
 

2011.04.11 Monday comments(0)




紡いで編んで

写真はないですが、紡ぎと編みを並行してやっています。
といっても紡いだ糸を編んでいるわけではないのですが。
今、紡いでいるのはメリノシルクとアルパカメリノの二つ。
メリノシルクはレースのショールを編みたいと思っています。
ただそれを編むためには100g紡がないとだめなのです。
この前、どれくらい紡いだかなと量ってみたんですが5gしか紡いでいませんでした……たったの5g。
先はまだまだまだ長そうです。

アルパカメリノは手袋を編むのに使いたいと考えています。
ただこちらも紡毛糸を紡ぐために、ハンドカーダーでカーディングしているので時間は多少かかってしまいます。

で編み物はドミノ編みををやっています。
これが地味に大変です。編み進めるにつれ、一段の目数が減っていくので楽になるのですがそこまでが中々に大変です。
そしてこまめに目数を数えないといつのまにか目数が増えている…なんていうイリュージョンが起こってしまいます。


テーマ:Hand Span
 

2011.04.08 Friday comments(0)




ハンドカーディング2

 今日、一週間ぶりくらいにハンドカーダーを使ってカーディングしたのですが、コツを掴んだみたいで上手に出来ました!
数回、カーダーを合わせるともうほとんどの毛が右のカーダーに移動してくれいています。


最初はこんな感じでスライバーを置いています。(スライバーのはずなのですがこのアルパカ+メリノは草がついていたり繊維の向きもそんなに揃っていないです)


右のカーダーに移動させた後。4回目にはほとんどの毛が移動していました。


さらに数回、カーディングを繰り返した後。
ほわほわ具合がわかりますね。


ローラグの完成です。

スライバーなのであまり達成感というか繊維の向きを揃えるという目的ではないのですが、カーディングは楽しいです。
このアルパカ+メリノスライバーはコリデールのスライバーと全然違うのでびっくりしました。コリデールは本当まっすぐ繊維の向きが揃っているのが分かるのですが、このアルパカ+メリノは分からないのです。
本で見てみるとアルパカには、長毛まっすぐと、短めでウェーブがかかっている2種類あるらしく、そのウェーブがかかっている方なのかな、と思っています。



2011.04.06 Wednesday comments(0)




ぶちぶちと



上はレース糸用に使っているメリノシルクのトップです。
さわり心地良い&繊維を引き出しやすいです。ただシルクが入っているせいなのか最後の方になると汗で固まりみたいなのが出来てしまいます。
その時は繊維が引き出しにくく太くなってしまうことがあります。

そして下はトップの引き出しやすさがあだになった結果です。
なるべく細く糸を紡いでるので、調子よく紡いでいるとぶちっと糸が切れたり、繊維を引き出しすぎてするするっと抜けてしまうことが”多々”あります。なるべく気をつけているのですが……
糸が切れると撚りも戻ってしまうので、しばらくスピンドルに巻きつけていなかった場合すでに紡いだ部分が切れてしまうこともあります。
それがこれです。わたしはもったいないのでこの糸未満もトップに戻して紡いでしまいます。ちょっと不恰好になるけど気にしない。
糸がよく切れるので、つなぎ方も慣れてきた気がします。


テーマ:Hand Span
 

2011.04.03 Sunday comments(0)




手作りスピンドルで


自作スピンドルです。重さは約10g。
軽いのでレース用の糸を紡ぐのに使っています。
使っているのは下の写真のメリノシルク。ふわふわでとってもさわり心地が良いです。
今まで紡いたのは約6g……細く紡ぐので進みが遅いです。
自分的には結構紡いだと思ったのですが10gもいってないとは……先が長そうです。
ちなみに芯はおはしです。先の方を削って、糸がひっかかるようになっています。
丸いのはナテラの蓋。ナテラは洗剤ではなくヘーゼルナッツクリームです。
トーストとかに塗ると甘くて美味しいです。


ビフォーアフター2。
袋に入ってる時はそんなに量があるように見えなかったのに開けるとこうでした。
これで100gです(一つで)。
量があるように見えるんですが、軽いから重さはそんなにないんですね。
これを見て昔に聞いた引っ掛けクイズを思い出しました。
「100kgの綿と100kgの鉄、どっちが重いか?」
答えは「両方同じ重さ」です。
イメージでなんとなく鉄のほうが重そうな気がしちゃうんですよね。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

テーマ:Hand Span
 

2011.04.02 Saturday comments(0)




1/2 >>
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.